ホンダ フリード乗りのフリード乗りによるフリードのための情報サイト

ホンダ フリード(Honda FREED)情報サイト

インプレッション

インテリアパネル(木目調)

フリード運転席側インパネ
フリードのインパネはオープンカフェをイメージした、横の広がりと開放感を出した独特なデザインです。
第一印象(試乗)はけっして悪くはありませんでしたが、「車のインパネはこうあるべき」的な考えがあったので最初は馴染めなかった思い出があります。

せっかくのレイヤード(層、段々)ワイドデザインですが、純正の黒い樹脂のままだとデザイン的に活かされてない気がしましたので、ディーラーオプションのインテリアパネル12,600円を着けることにしました。
たまたま試乗車に着いていたメタル調のインテリアパネルを見る機会がありましたが、目を凝らさないと装着しているのかどうか分からないぐらいに目立ちません。
ここでメタル調は落選です。
残るは茶系の革調タン(ヌメ革調)と木目調ですが、鮮やかな方の木目調に決めました。
まあ気に入らなかったら入れ替えたパネルを塗装して模様替えでも楽しもうかとディーラーの担当者に相談すると、インテリアパネルは成型された樹脂シートのようなもので、両面テープで貼り付けるタイプであることが判明。
密かな野望はかないませんでした。
いまではすっかり気に入っているインパネまわり
12,600円もするインテリアパネルですが、近づいてよく見るとシートだけあって少し安っぽくは感じます。
ガラス越しや運転席に座って見る分であれば気になるレベルじゃありませんし、色調が明るく開放的で高級感も漂っています。
フリードの木目調インパネ装着
納車の時には担当者に「結構いいですね」や、反対していた妻にも「着けてよかったね」といわれます。
フリードのドレスアップパーツとしてはおすすめです。